お米のたのしみ方


お米の炊き方


まずはじめに、お米は計量カップを使い、人差し指で「すりきり一杯」にします。
※計量については、下のポイントをご覧ください。

一、お米を研ぐ


"手早くリズミカルに”、お米とお米をすり合わせるように研いで下さい。
最初はたっぷりの水で2〜3回手早くかき混ぜ、すぐに水を捨てて下さい。
この動作が遅くなると、お米が糠を吸収してしまい、風味を損なう原因となりますので、糠臭くならないためにも、手早く行うことが大切です。
その後、お米を手で握って離すを繰り返し、水を注いで糠を洗い流します。
その後、3〜4回軽く混ぜ合わせて水を替えて下さい。
精米技術も進んでいるので、それほど力を入れて研ぐ必要はありません。お米が割れてしまうので、優しく手早く研ぎましょう。

水きりは、ザルにあげて5分以上が目安。


二、お米を浸す


水きりが終わったら、お米を水に浸けます。
研ぎ終わったお米の合数に合わせた量の水を注ぎます。
お好みの硬さに合わせて、水の量を1.2倍にするなど水加減を好みで調節して下さい。
水は軟水のミネラルウォーターがおすすめです。

水を注いだ後は、しばらく水に浸します。
夏場は約30分、冬場は1時間。時間がない場合でも、水に浸さないとお米に芯が残ってしまいます。

※浸す時間が長ければ良いというものでもありません。
 長時間、水に浸け過ぎると、お米が水を吸いすぎてしまいます。
 冬場なら最低1〜2時間、夏場でも30分以上は浸して下さい。
※土鍋の場合は、浸ける時間が長いと、土鍋が水を吸ってしまいますので、要注意です。
※冬場なら、お湯で炊くとすぐに炊きあがり、夏場ならば冷水にすると色艶が良く白く炊きあがります。


三、蒸らしほぐす


スイッチが切れても蓋を開けず、15〜20分は蒸らして下さい。
※蒸らしすぎは、ご飯が硬くなったり、甘みを失う原因になりますのでご注意下さい。

蒸らし終わったら、大きくお米を返してほぐします。


ポイント

1.お米の計量

  同じ計量カップでも、毎回のお米の量り方が変わると、僅かな差でも炊きあがりが大きく変わってきます。
  「すりきり一杯」と基本の目安を定め、いつも同じ量にしましょう。

2.水の温度

  炊飯前に、水につけておく際、冷たい水を使うと、お米が立ち、いっそう美味しいお米に炊きあがります。
  夏場は氷を入れてお米を炊く工夫をするといいでしょう。

3.炊飯器のお手入れ

  内蓋やパッキンなどに汚れやご飯粒がついていないように、毎回よくお手入れをして下さい。



白米の保存方法


1.高温多湿は避けましょう

2.空気に触れないように密閉

3.米びつなどの容器はこま目にお手入れ


冷蔵庫は避ける

高温多湿では、糠が参加しやすくなり、味が悪くなる原因となるだけでなく、
虫の発生も、高温が主な原因となり、多湿ではカビの主な原因となっています。
特に台所は自然と温度が高くなる場所です。お米にとって悪い条件が揃っている場所なのです。
高温多湿はお米の大敵です。保存場所として相応しくありません。

適した場所は冷蔵庫!

「暗くて」、「湿度・温度」が一定しているところが適しています。それは「冷蔵庫」です。
できればすぐに使う分以外は、密閉容器などを使い、空気が入らないようにして「野菜室」に入れておくと良いでしょう。

About the owner

金子

株式会社カネコは、お客様に安心してお米を食べて頂くため、こだわりの産地と品種の一等米のみを販売しております。
玄米を低音保存し、ご注文を頂いてから精米し、つきたてのお米を新鮮な状態でお届けいたします。

今回、オンラインストアの店長を務めますのは、金子ゆかりです。
よろしくお願いします。

オンラインショップ
お米ドットビズのおこめ店長ブログ

Top